2009年3月2日月曜日

明日はどっちだ



 母さんのiMacG3が壊れて、急遽MacBookを購入したらその晩に新しいMacBookが発売されるというちょっと苦い経験をしたのはちょうど一年前のことだ。今度は、親父のiMacG5(初代)が起動しなくなった。症状としては最初起動途中でグレーな画面のまま先に進まないというもの。電話で相談を受けて、そんままにしておくように言っておいてから駆けつけて、とりあえず電源ケーブルを抜いて30分おいてからつなぎ直すと電源が入った。しかし、いずれ同じ症状が発生する可能性ももっと悪くなる可能性も考えられるので、バックアップをとることのできる環境の必要性を説明して、とりあえず移行アシスタントを使ってネットワーク経由で母さんのMacBookにバックアップというよりはアカウント毎環境を移した。こうしておけば、すぐにiMacG5が使用不能に陥っても失われるデータは若干あるものの、ほぼ同じ環境で作業を続けられるはずだ。

 はたして、数日後にはまた電源がはいらなくなり、今度は同様の対処をしても起動する気配すらない。そのほかにも対処の方法があるとは思うが、結局のところ修理しないといけないだろうと思われた。さあ、またいつかと同じような逡巡がはじまる。修理するか、いっそのこと新しいiMacを買ってしまうか。もちろん、買うことの方が出費は大きいけれど、買い換えれば画面は大きくなるし、性能は上がるし、OSもLeopardになって、それこそバックアップはタイムマシンで楽ちんだ。価格は2〜3日前に価格.comで調べたところ10万円台の半ばあたりだったのが、その次点(2月8日)では11万を少し越えてしまっていた。仕方がないのでその金額で見積書を作ってメールで送って購入の承諾を電話で得た上でさあ、発注しようとしたらほんの数分の違いで数千円も跳ね上がってしまっていた。

 価格は変動するからまたそのうち下がるだろうということで発注を見合わせて、様子を見ることにした。その判断は、結果的に誤りで、その後価格はずるずるあがって行ってしまった。とりあえずそう言う状況だと言うことを親父に告げて、不便ではあるけれど母さんのMacBookで作業はできることもあって、価格が下がることを待つことにした。

 ところが、価格はいっこうに下がらない。(26日に一度Amazonが113,232円の値を付けて注文したけど、納期予定の幅がありすぎ。)そうこうしているところに、3月3日(例によって火曜日)にiMacのアップデートがされるかもしれないという噂があることがわかった。まあ、あくまでも噂だから、新しいimacが発表されるかもしれないし、されないかもしれない。本当のところ、その新しいiMacをどうしても手にしたいわけではなくて、新しいiMacが発表されたら現行のiMacの価格が下がるかもしれないということに期待しているのだ。それか、数日前から在庫無しのショップが目立つくらいだから一気に在庫がなくなってしまうかだ。

 さあ、噂の新iMacは出るのか?現行のiMacの価格は下がるのか?明日はどっちだ。