2008年2月27日水曜日

これ以上ない最悪のタイミング。母さんのMacBook


 某家電量販店でMacBookの値札を眺めていた。その店の通常価格139500円の2GHzモデルが、ひかり電話とセットで109500円。ふ〜んでもうちはすでに光敷設済みだし。そいえば、親父が光にするとかしないとかいっていたなあと思い出す。そこに、携帯電話が鳴りだす。親父からだ。「母さんがな、元気がないんだ。MacBookのいちばん安いやつを買うことにしようかと思うんだが。」ここは少し説明が必要。私がコンピュータ関連の自営業でMacをメインで扱ったりしているせいもあって、親父もお袋も古くからのMacユーザだ。親父は、現在はiMacG5を使っていて、デジカメで撮った写真をプリントして配ったり、新聞のようなものをAppleWorksで作ったりしている。母さんはiMacDV(Summer 2001)をゲーム機がわりにしていて、洋服を作る仕事のストレス発散をしていた。お気に入りは「ナノザウルス」と「バグズライフ」だ。していた、と過去形なのはそのiMacDVがつい先日壊れてしまったのだ。ずいぶん前から、ディスプレイが写らなくなっていたのを外部ディスプレイをつないでしのいでいたのだが、いよいよ起動しなくなった。

 このiMacDVの修理をあきらめた(そのいきさつはまた別に書く予定)ので、母さんのMacがなくなってしまったというわけだ。普通ならば、iMacG5にアカウントを作って共有すればいいのだろうが、親父の使用頻度はすごく高いので一台のiMacで済ませるのは難しい。一度は修理をあきらめて、自分用のMacがなくなることを受け入れたかに見えたのだが、電話での話によればそう簡単ではなかったらしい。そして財政的には厳しいけれど、新しいMacを購入しようというわけだ。MacBook Airが発表されたときに「すごい、すごい」と手をたたいていたから本当はMacBook Airが欲しいのはわかるけど、予算が許さない。いちばん安いMacってMacBookだということをオンラインのアップルストアで調べたらしい。そんな親父からの電話を受けたときに売り場でMacBookの値札を眺めていたのも何か「神の啓示」(おおげさだ)かとも思い。「それじゃあ、ちょうど今売り場にいるから段取りをするよ」と、電話を切ってMacBookを買ってしまったのだ。

 これが、最悪のタイミングというやつ。今日は朝から出張作業があった(それで、昨日いそいで段取りをしたのだが)ので、そのニュースは知らなかった。ついさきほど帰ってきて愕然としているところだ。

 値段は1万円値下げされた。クロックは、0.1GHzだけどあがった。HDの容量も80GBから120GBに増えた。あえて古いMacBookを買うメリットはそこにはない。普通なら必須のメモリ増設もとりあえずということで先送りしてしまうほど予算が厳しかったのに、これならば楽勝でメモリ増設できてしまうじゃないか。

いままでに、購入したとたんに新製品が発表というのもなかったわけじゃないけど、これほどまでに短い時間(10数時間かな)でというのは初めてのことだ。ほんとに悔しい。

先のひかり電話と同時申し込みで値引きというのが、値札には3万円引きとなっていたけど、よくよく話を聞いたら実質4万5千円引き(値引き4万円、開通後に商品券5千円)しかもポイント5%もつく。しかし、親父の住んでいるのはマンションの3階。即時利用申し込みができるのは2階までということだった。3階以上だと設備調査の上申し込みになって、開通後に4万5千円の商品券が渡されるらしい。結局その量販店では在庫がなかったので、(それほど刺激のある値札を貼っておきながら在庫がないってどういうことよ)別の某大型パソコン専門店で購入した(134700円なり)のだが、ひかり電話の値引きにこだわっていれば新しいMacBookを手に入れることになっていたのかもと思うとさらに悔しい。

 あのタイミングで売り場にいたのは、「神の啓示」ではなくて「悪魔の罠」だったのだな。

2008年2月20日水曜日

iPod shuffleがまもなく値下げ


アップルからニュースリリースも出ているのに、なぜあえて記事にするかというと。2月20日の午前0時14分現在、アップルストアの表示がおかしなことになっている。掲載のキャプチャ画像でわかるように、iPod shuffleが5800円と表示されている。「ああ、発表通りもう値下げされたんだな」くらいに思って、クリックしてみると、その先のページでは価格はまだ9800円のまま。2G版も掲載されていない。こういうのはめずらしい。
他の、iPodの商品ページの上部の表示も、9800円のままだ。

今回の値下げは実にうれしい。すでにみなさんはご存じの通り、近日中にiPod shuffleを5台購入する予定があるからだ。別に全色揃えようというわけではないよ、念のため。(笑)こういう場合、私は賞品として1G版を購入すると言うことでいんでしょうかね。1G版と明記してはいなかったけど、発表時点では1G版しかなかったし、5色から選べるとしているので、もし1G版は色が限定されるのだとすると2G版を用意する必要があるけれど、たとえそうだとしても値下げしているし。

もう少し、考えてから決めてみよう。応募がたくさんだったら2G版にするとかね。

それにしても、最近iPod shuffleを購入した人はかわいそう。私も、場合によってはあらかじめ賞品を用意しようかとちらっと思ったから危なかった。色を当選者に選んでもらうようにしたから、かろうじて買わずに済んだというところ。よかったああ。

2008年2月13日水曜日

た〜にゃの部屋5周年記念プレゼント、iPod shuffleを5名様


 本家の「た〜にゃの部屋」は、2003年2月15日に開設して日記の公開を始めてからまもなく満5年になる。ということで、5周年を記念して応募いただいた方に抽選で豪華賞品が当たるプレゼント企画を実施している。賞品は、3周年記念のときに賞品にしたのと同じ、Apple iPod shuffleだ。もちろん、2年前のときの賞品にしたiPod shuffleは初期の物で台数は3周年という事で3台だったけど、今回は5周年なので5台用意して、5色のカラーバリエーションの中から当選した方が自由に選べるようにしてみた。

 「た〜にゃの部屋」は、猫に関するまことにたわいのない話ばかりの掲載だから猫に興味のない方にとっては面白くとも何ともないサイトかもしれないが、いままで何度もここで紹介してきているようにサイトの運営はMac miniで行っていて、データベースを駆使したりネットワークカメラを統合したりといういろんな試みをしているので、まったくmacユーザとは無縁とはいえない。最近ではYouTubeに動画をアップロードして紹介もしたりしているので楽しんでもらえると思う。

 応募方法は、最近用意した「日記更新通知メール」の機能を使っている。どういうことかというと、日記を更新したときに登録している方にメールでお知らせするという機能にメールアドレスを登録してもらった方の中から抽選で当選者を決めようという物。登録手続きは、フォームメールからメールアドレスとニックネームを入力してもらうだけだが、メールアドレスの入力ミスを防ぐために、登録承認メールを送信している。正しくメールアドレスが登録されていれば届いたメールに記載している登録承認URLをクリックすると登録が完了する。
締め切りは3月31日。発表は4月5日にサイト上にすると同時に、当選者にはメールで通知する。

 登録していただいたメールアドレスには、日記更新のたびに通知メールが送られることをご承知おきいただきたい。「日記更新通知メール」への登録はいつでも自由に解除することができるが、抽選時に登録が無い場合には抽選対象にならなくなる。

 3周年の時もそうだったけど、応募者は意外と少ないので、そんじょそこらの懸賞企画に比べるとかなりの高確率での当選が見込めるのではないかと思う。